今こそ見直したい伝統儀式
両家の絆を結ぶ“結納”

 結納とは、結婚を約束し両家の絆を結ぶ儀式。結納に対する考え方は地域差が大きく、同じ地域同士であってもしきたりが異なる場合もあるので、それぞれの両親に相談した上で事前にすり合わせを行い、両家が納得する形式にすることが大事。
※ここで紹介する内容はあくまで一例です。結納のしきたりなどは、結納を取り扱う会場や地域によって異なる場合があります。詳しい内容は、会場へお問い合わせください。

 

結納についてまずはチェック

そもそも、結納とは?
 両家が「結」びつくことを祝い、贈り物を「納」め合うこと。主に東日本では新郎側と新婦側が贈り物をそろえて結納を「交わす」とし、西日本では新郎側が新婦側に贈り物をすることで結納を「納める」とするなど、地域によってさまざまな形式がある。近年では結納を行わないカップルも少なくないが、しきたりにそった儀式を経験することで、正式に婚約をした実感がわき、結婚へのけじめも一層深まるようだ。

結納をする? しない?
 結納のスタイルは近年カジュアル化の傾向にあり、結納の代わりに顔合わせの食事会を行うケースも増えてきている。いずれの場合も、両家で初めて執り行うフォーマルな儀式なので、親を立て、地域のしきたりや伝統をできるだけ尊重したい。結納をする場合は、両親に結納そのもののイメージや考え方をよくヒアリングし、両家の希望を二人がまとめる形をとることが最もスムーズに。その姿勢は、双方の親にもきっと好印象を与えるはず。両家の結びつきを大切にする本来の“結納”の意義を大切に、幸せな家庭を築くための意義深い儀式にしよう。

会場に相談すればより安心
 結納のできるレストランや料亭、ホテルを利用すれば、食事や進行を会場側が用意してくれるので便利。結納品の手配や相談にも応じてくれる場合があり、準備の負担が軽く済むメリットも。会場によって提供してもらえるサービス内容はさまざま。双方の親と相談のうえ利用しよう。

 

結納特集挿絵②

 

結納に関する用語を解説!

♦結納金
一般的に新郎側が婚礼の支度代として用意するお金。最近は結婚式の資金や新居の準備に使われることも多い。

♦結納品
末永い幸せを祈る縁起の良いものがそろえられている。二つに分かれないという意味合いから品目は奇数。

♦結納返し
主に新郎側への返礼のことを指すが、結納返しをする・しないは両家の意向次第。結納返しをする場合は結納金のおよそ1割程度のものを返す場合が多く、スーツや財布、時計等が一般的。なかにはパソコンなど実用品を贈るケースも。

♦婚約記念品
結婚を記念する品物。婚約指輪がポピュラーだが、アクセサリーや時計の場合もある。必ずしも必要ではない。

 

結納のダンドリポイント

♦日時・場所・仲人
日時は挙式の6~3カ月前の吉日を選ぶのが一般的。レストランや料亭、ホテルなどで行う際は、仲人を立てるかどうかも含めて両家で相談後、予約時に結納の席であることを店の人に伝えて。

♦結納の形式
両家の意見が異なる場合は、事前によく話し合って調整を。レストランや料亭、ホテルなどで行う場合、店の人に相談してみるのも良い。当日の服装についても、両家ですり合わせを行っておこう。

♦結納品の数、結納金
まず地域のしきたりを確認して。結納品の品目と数を確認するための目録と、結納品を受け取った証拠に渡される受書は、購入店で用意されることが多い。レストランや料亭、ホテルなどに手配を依頼する際に相談するのもおすすめ。

♦婚約記念品、結納返し
指輪など婚約の記念品をお披露目したり、結納金のお返しに実用品を贈ったりすることも。両家の意向をよくくみ取って、合わせておこう。

 

結納特集挿絵①

 

もっと知りたい! 結納Q&A
 祝いの席を彩る料理に定評があり、心に残る結納をサポートしてくれる『花ん華』。ここでは『花ん華』に寄せられる問い合わせの中から一部をQ&A形式でご紹介。

Q.出身地によって結納の考え方やしきたりが違うって聞いたのですが、本当ですか?
A.大きく二つに分けるとすれば、関東式と関西式に分けられると言われ、結納飾りの様式もそれぞれ異なります。鹿児島では主に関西式が取り入れられ、水引で作られた松竹梅や、鶴亀など縁起を担いだ華やかな飾りを用意されることが多いです。また、お茶や、一対の鯛を用意するという他県にはあまりない風習や、新郎様側は結納品を、新婦様側は当日の食事と“海と山の物の土産物”(例:鰹パックやかるかんなど)を用意される場合もあります。実際に結納をされる会場に尋ねてみることをおすすめします。

 

Q.結納品は手配してもらえますか? 自分たちで用意しなければいけませんか?
A.当店の場合、提携店がございますので結納品の手配は可能です。前述のように、地域によって結納の考え方やしきたりが異なりますので、それに応じた準備が必要です。まずは会場のスタッフにお早目に相談されると良いと思います。

 

Q.両家で結納に対する考えが異なった場合、どちらに合わせればよいのでしょうか。
A.結納を「交わす」のか「納める」のか、地域によって考え方が異なるのですが、鹿児島の場合は「結納を『納める』」、つまり新郎様側から、新婦様のご両親を敬い、誠意を伝え、気持ちを「納める」という考え方が一般的なようです。それをふまえると、新郎様側に礼儀を尽くして合わせるという考えもあるかと思います。ですが、地域により慣習も違い、「結納はこうでなくてはならない」という確固たるものがないのが結納と言われる所以。お互いが、気持ちを取り交わすことが最も優先されるべきです。最近は親御様がご本人たちに任せるということも多いですが、二人ですべて決めずに両親にも相談し、両家のご意向をすり合わせていくのが最もスムーズな進め方ではないでしょうか。

 

【取材協力】健美和楽 花ん華(HANANKA)
「奄美の里」敷地内にあり、結納や顔合わせ、お祝いの席などに人気の高い個室を完備。季節をあしらった繊細な和の会席料理が評判。結婚式の二次会も受け付けている。
詳しくはこちら

アーカイブ

もっと見る...